クロムツの生態
スズキ目 Perciformes
亜目 スズキ亜目 Percoidei
ムツ科 Scombropidae
ムツ属 Scombrops
Temminck et Schlegel,1845
ムツ S. boops
学名 Scombrops boops
(Houttuyn, 1782
英名 Gnomefish


ここで言う クロムツは、同属のムツ も含めます。  ムツ と クロムツは 大変よく似ています。 ムツに対して クロムツは全長は 大きくなると 1mを超えるものも居ます。 ムツ・クロムツ合わせて<クロムツ>と呼んでいる地域が多いです。

↑写真の下が 2kg級の クロムツです。 アコウ・キンメ釣りで来たお客さんです。見た目には 色的に 紫がかった黒色で、鋭い犬歯が並んだ、決して 見栄えのよい魚とはいえません。 が、大変貴重・高価なお魚です。

日本では、北海道以南に 生息しています。 また インド太平洋 と アフリカ南部沿岸の大西洋にも分布しています。生息域は 水深200-700m前後の深海で、岩礁域・大陸棚斜面などの傾斜地に多い場所を好みます。食性は肉食性で、小魚・頭足類・甲殻類などです。

産卵は、冬から春にかけてです。 水温の上昇とともに、浅場に上がって産卵します。 だいたい 水深100m前後まで 上がってきます。稚魚は 海岸部の 岩礁や 内湾の藻場に ついて成長します。 成長とともに、深場に移動して、3年ほどで成魚になります。

延縄や 底引き網で捕獲されますが、大変に味がよく 高値で取引されます。
釣りにおいても、 中深海より 深場の釣りであること、生息条件にあった ポイントが 限られていること など 専門にクロムツを対象としている遊漁船は 限られています。

静岡県では 伊豆エリアが それに該当してきますが、 遠州灘でも 深海・中深海釣りで 時々 顔を見ることが出来ます。遠州灘の場合は、 専門というより 中深海・深海五目 の ターゲットの一つといった感じです。産卵などで 浅場に移動する あるいは 産卵後に深場へ移動する など タイミングが合うと 思わぬ 大釣れすることがあります。 産卵前の、冬が旬とされています。 お鍋 お刺身 焼き物 煮物 など 幅広い料理に使われます。
 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  クロムツ釣りのホームページ All rights reserved.